レベル分け設定のあるオンライン英会話

講師が受講者のレベルに合わせてくれるマンツーマンレッスンが主流になり、レベル分けのあるオンライン英会話は多くありませんが、一部のオンライン英会話では実施されています。

レベル分けのメリットは、自分にあったレベルのレッスンをきめ細かく受講できる点や、レベルアップによるモチベーションの維持があります。特に、レベルアップにより、自身の英語力を客観的に把握できますので、マンネリ化せずに長く続けられるサービスです。

オンライン英会話 特徴 受講回数 月額費用
ECCオンラインレッスン ・1回単位で追加可能 月2回レッスン 970円
・毎日25分 毎日1レッスン 8,700円
こども英会話
(小学生)
月4回レッスン 3,000円
月8回レッスン 5,120円
ジオスオンライン ・固定プラン 週1レッスン 3,240円
週2レッスン 6,048円
・1回50分固定プラン 週1レッスン 5,400円
週2レッスン 8,986円
・毎日25分 毎日1レッスン 8,618円
・平日昼間限定 10レッスン 6,480円
こどもコース
(3歳~12歳)
週1レッスン 4,968円
週2レッスン 9,072円
Bizmates ・ビジネス英会話特化型 毎日1レッスン 12,000円
毎日2レッスン 18,000円
EFイングリッシュライブ ・ネイティブ講師 マンツーマンレッスン月8回
+グループ月30回で8,532円
8,532円
リップルキッズパーク 子供専用
(3歳~高校生)
週1回プラン 3,065円
週2回プラン 4,800円
週3回プラン 6,600円
週4回プラン 8,200円

『ECCオンラインレッスン』は、初めての初心者レベル1からネイテイブ並を目指すレベル5まで、5段階のレベル分けがあります。子供向け英会話(小学生)では入門、初級、中級、上級の4段階になります。

大人向けは月額970円スタートでき、1レッスン単位(640円)でレッスンを追加できます。使わなかった月は費用を抑えることができ、利用したい分だけ追加できます。ECCメソッドでのオンライン学習、チャット機能、メモ機能、ホワイトボード機能を搭載したスカイプではないECCオリジナルツールを使って学習できます。

『ジオスオンライン英会話』では、挨拶や自己紹介のレベルAからネイティブ・スピーカーと対等にコミュニケーションが取れるレベルHまで8段階の設定があります。上達補償制度付きで、3か月後にスタート時より上達基準に満たなければ最大3か月分の受講料が全額返金されます。

3歳~12歳を対象にしたこどもコースも有り、こちらは4段階のレベル分けで、3歳から6歳までの英語の耳を育てるKinderクラスから、小学4年生以上の文法を理論的に理解して自己表現ができるClass3まであります。

ジオスオンライン英会話はNOVAグループのオンライン英会話で、価格は他社よりも若干高めになりますが、NOVA監修のカリキュラムやNOVAのネイティヴトレーナーが認定・指導した講師陣、カランコース、シーン別すらすらコース、最大100分のジオスフリートークなどのオプションコースもお薦めです。

『Bizmates』は、ビジネスマンを対象にしたビジネス特化型のオンライン英会話になりますので、お値段は高めです。5段階のレベル×5段階のランクで25レベル別に分かれています。独自のBizmatesラーニング・メソッド、ビジネス経験のある講師陣採用など、実際のビジネスで必要なコミュニケーションスキルを見つけるためのオンライン英会話です。

『EFイングリッシュライブ』は、外資系で最大規模のオンライン英会です。講師陣は全てネイティブスピーカーになります。レベル分けは16段階、読む、書く、聞く、話すの初心者レベルA1から流暢に話せるC2レベルまであります。

マンツーマンレッスンを20分×8回、グループレッスンを45分×30回受講できます。ネイティブ講師のオンライン英会話としては非常に安くなります。

『リップルキッズパーク』はこども専門のオンライン英会話です。3歳~高校生までを対象にしています。9段階のレベル分けで、初歩的な聞き取りからノンネイティブとして細かいニュアンスの違いも表現することができるレベルを目指します。

一つのアカウントを兄弟、家族で共有できるサービスもあります。回数の多いプランのほうが1レッスンあたりの受講料は安くなりますので、複数人で受講する場合にはお得になります。兄弟/姉妹はもちろん、空いた時間に両親の受講もできます。
※お子様のいないご家庭で大人の方のみの利用はできません。